FC2ブログ

ドラマデイズ (吉野万理子BLOG)

日常のなかで“ドラマ”を感じた小さい出来事や仕事のことや……つらつらと綴っています。ちなみに、万理子の理は理科の理、です。90%の確率で間違われるので(^^ゞ

『ロバのサイン会』

一昨年から「小説宝石」誌上で隔月連載されていた“どうぶつ”シリーズが、単行本になりました~!

『ロバのサイン会』 (光文社)

2018IMG_0216.jpg


思わず、なでなでしたくなるラブリーなイラストは、祖敷大輔さん。
素敵な装丁は、bookwallさん。


この本、実は“生みの親”が何人もいるのですよ。

時系列に書くと、まずは、元カリスマ書店員さん。
ロバが本当に“サイン会”をやった話を教えてくれました。
取材じゃなくて、普通に雑談してるときだったので、面白いことがあるものだなーくふ、とそのときは思っていて。

そんな折、作家の大崎梢さんに、『本屋さんのアンソロジー』へ参加するよう、誘っていただいたのでした。

そのとき「そうだ、ロバの話を書くしかない!」と、ヒラメき、元書店員さんに再取材させていただき――。
「ロバのサイン会」という短編を書いたのでした。

↓これね
DSC_0756.jpg

今、さかのぼって確認したら、この本の刊行、2013年1月でしたね。
もう3年以上前。

で。
版元の編集者さんたちに、声をかけていただいたのでした。

「『ロバのサイン会』から広げて、全部、どうぶつが主人公の連作集、つくってみませんか?」

ええっ(゜-゜) この方たちはナニヲイッテルンダロー。
というのが、最初の感想でした。
児童書ならわかるけど、一般向けで、え、全部どうぶつが主人公……!?
(ロバで既に一作書いたことをすっかり忘れているわたし)

いやでも、面白いですよ。
そう言ってくださるなら。
書きたい。

わたしの小説はだいたい、わたし発信なのですが、この本に限っては編集者さんがすすめてくれなかったら、この世に現れなかったであろう作品なのでした。


たくさんの“うみの親”に続き、たくさんの取材協力者に助けていただき――
本はかたちになりました。

このブログでもちょくちょく報告してましたが、
イルカを取材しに八景島行ったり、奈良公園へシカに会いに行ったり、ティーカッププードルを見にペットショップ行ったり。

↓この美人さん、120万円ナリ!
P1050739.jpg

この時期、わたしに会った人たちは「今、セキセイインコのことで頭がいっぱいなのー!」とか「イルカの気持ちがつかみきれない」とか、意味不明なことをいろいろ聞かされたかと。。。

8編のうち7編が雑誌に掲載、残り1編は書き下ろしとなったのですが、それがわたしにとっては、もっともヒロインの心をつかむのに時間がかかった短編でした。
手に取ってくださった方は、どれだか、本の巻末に記されてるんで、チェックしてみてくださいね♪

どうぶつといえば、うちの猫、最近ブログご無沙汰でしたね。

大相撲を見ながら、父が、「うちの子は照ノ富士に似ているかな」と言ってました。

力士にたとえられてしまった猫↓
IMG_0050.jpg

「ごっつぁんです」

ではでは、また。

左サイドメニュー

プロフィール

Mariko YOSHINO

Author:Mariko YOSHINO
吉野万理子のブログです。

※教育関係の著作権管理は、日本文藝家協会に委託しています。
 それ以外の著作権利用許諾に関しては、各版元へお願いします。

=単行本= ※発売順(上が最新)

45「南西の風やや強く」あすなろ書房
44「忘霊トランクルーム」新潮社
43「おしごとのおはなし パイロットのたまご」講談社
42「青空トランペット」学研プラス
41「ライバル・オン・アイス3」講談社
40「ライバル・オン・アイス2」講談社
39「オレさすらいの転校生」理論社
38「ライバル・オン・アイス1」講談社
37「いい人ランキング」あすなろ書房
36「ロバのサイン会」光文社
35「虫ロボのぼうけん5 フンコロ牧場へGO!」理論社
34「ひみつの校庭」学研プラス
33「走れ! みらいのエースストライカー」講談社
32「虫ロボのぼうけん4 バッタとジャンプ大会!」理論社
31「赤の他人だったら、どんなによかったか。」講談社
30「空色バウムクーヘン」徳間書店
29「虫ロボのぼうけん3 スズメバチの城へ!」理論社
28「ジゼル」講談社
27「時速47メートルの疾走」講談社
26「虫ロボのぼうけん2 赤トンボとレース!」理論社
25「風船教室」金の星社
24「虫ロボのぼうけん カブトムシに土下座!?」理論社
23「100%ガールズ 3rd season」講談社
22「チームつばさ」学研プラス
21「100%ガールズ 2nd season」講談社
20「連れ猫」新潮社
19「恋愛映画は選ばない」実業之日本社
18「劇団6年2組」学研プラス
17「100%ガールズ」講談社
16「海岸通りポストカードカフェ」双葉社
15「チームみらい」学研プラス
14「想い出あずかります」新潮社
13「チームあかり」学研プラス
12「99通のラブレター」PHP研究所
11「チームひとり」学研プラス
10「シネマガール」角川書店
09「はじまりはオトコトモダチ」メディアファクトリー
08「チームあした」学研プラス
07「今夜も残業エキストラ」PHP研究所 (※「エキストラ!」文庫化時に改題)
06「乙女部部長」メディアファクトリー
05「チームふたり」学研プラス
04「ROUTE134」講談社
03「ドラマデイズ」角川書店
02「雨のち晴れ、ところにより虹」新潮社
01「秋の大三角」新潮社

=連載=

☆小説「部長会議は終わらない」
(朝日中高生新聞)

☆小説「トリカブトの残り香(忘霊トランクルーム2)」
(yomyom)

☆エッセイ 「テレビらぶ日記」 
 (東京スポーツ スマホサイト「東スポ芸能」)

=アンソロジー=

「本当にあった? 恐怖のお話 魔」 PHP研究所
「古典から生まれた新しい物語」 偕成社
「あなたのとなりにある不思議」 ポプラ社
「あまからすっぱい物語」 小学館
「ハピネス」 講談社
「本屋さんのアンソロジー」 光文社
「あのころの、」 実業之日本社
「好き、だった。 はじめての失恋、七つの話。」 メディアファクトリー

=脚本=

「青い羽ねむる」 NHK-FM
「恋愛映画は選ばない」 NHK-FM
「想い出あずかります」 NHK-FM
「仔犬のワルツ」 日本テレビ

月別アーカイブ