ドラマデイズ (吉野万理子BLOG)

日常のなかで“ドラマ”を感じた小さい出来事や仕事のことや……つらつらと綴っています。ちなみに、万理子の理は理科の理、です。90%の確率で間違われるので(^^ゞ

オリンピック

こんにちは!

リオ五輪、盛り上がっていますね。
毎日寝不足です。

特に卓球女子団体銅メダル! おめでとうございます。
卓球が盛り上がるとほんとにほんとにうれしいのです~。

福原愛選手がコメントを寄せてくださった、『チームふたり』のオビ。

IMG_1664.jpg

2007年刊行で、今も毎年増刷されていますが、よく考えたら、この福原愛選手の写真は発売前の撮影なので、もう9年前ってことになるのですね!
ということは、当時まだ10代だったのですね。
その頃から、日本の卓球界を牽引してくれて、頭が下がります。
当時も今も変わらず、可憐で、りりしくて、とっても素敵。

もう1冊、オリンピックの想い出につながる本があります。

前回のロンドン五輪で、テレビ観戦していて、あまりに衝撃を受けた女子ウエイトリフティング。
小説にしたいと思って、乗ってくれた編集者さんと形にしたのが――

IMG_1665.jpg

わたし史上、もっともキャラが立って、楽しい小説になってる気がします。

と、想い出に浸ってしまいましたが、そろそろ前を向かないと!
9月からは、年末までなんと4ヶ月連続で新刊が発売されます。

(8月22日追記: 1冊は今月末発売だということがわかりました。9月アタマかと思ってた。汗汗)

くわしくはさっそく次回書きますね☆

さあ、水谷選手率いる卓球男子団体も応援しなくっちゃ……
(と、結局五輪にもどっていくわたし。汗)

左サイドメニュー

プロフィール

Mariko YOSHINO

Author:Mariko YOSHINO
吉野万理子のブログです。

※教育関係の著作権管理は、日本文藝家協会に委託しています。
 それ以外の著作権利用許諾に関しては、各版元へお願いします。

=単行本= ※発売順(上が最新)

「ライバル・オン・アイス3」 講談社
「ライバル・オン・アイス2」 講談社
「オレさすらいの転校生」 理論社
「ライバル・オン・アイス1」 講談社
「いい人ランキング」 あすなろ書房
「ロバのサイン会」 光文社
「虫ロボのぼうけん5 フンコロ牧場へGO!」 理論社
「ひみつの校庭」 学研プラス
「走れ! みらいのエースストライカー」 講談社
「虫ロボのぼうけん4 バッタとジャンプ大会!」 理論社
「赤の他人だったら、どんなによかったか。」 講談社
「空色バウムクーヘン」 徳間書店
「虫ロボのぼうけん3 スズメバチの城へ!」 理論社
「ジゼル」 講談社
「時速47メートルの疾走」 講談社
「虫ロボのぼうけん2 赤トンボとレース!」 理論社
「風船教室」 金の星社
「虫ロボのぼうけん カブトムシに土下座!?」 理論社
「100%ガールズ 3rd season」 講談社
「チームつばさ」 学研教育出版
「100%ガールズ 2nd season」 講談社
「連れ猫」 新潮社
「恋愛映画は選ばない」 実業之日本社
「劇団6年2組」 学研教育出版
「100%ガールズ」 講談社
「海岸通りポストカードカフェ」 双葉社
「チームみらい」 学研教育出版
「想い出あずかります」 新潮社
「チームあかり」 学研教育出版
「99通のラブレター」 PHP研究所
「チームひとり」 学研教育出版
「シネマガール」 角川書店
「はじまりはオトコトモダチ」 メディアファクトリー
「チームあした」 学習研究社
「今夜も残業エキストラ」 PHP研究所 (※「エキストラ!」文庫化時に改題)
「乙女部部長」 メディアファクトリー
「チームふたり」 学習研究社
「ROUTE134」 講談社
「ドラマデイズ」 角川書店
「雨のち晴れ、ところにより虹」 新潮社
「秋の大三角」 新潮社

=連載=

☆小説「忘霊トランクルーム」
(新潮社 yomyom)

☆小説「部長会議はじまります」
(朝日中高生新聞)

☆エッセイ 「テレビらぶ日記」 
 (東京スポーツ携帯サイト「東スポ芸能」)

=アンソロジー=

「古典から生まれた新しい物語」 偕成社
「あなたのとなりにある不思議」 ポプラ社
「あまからすっぱい物語」 小学館
「ハピネス」 講談社
「本屋さんのアンソロジー」 光文社
「あのころの、」 実業之日本社
「好き、だった。 はじめての失恋、七つの話。」 メディアファクトリー

=脚本=

「恋愛映画は選ばない」 NHK-FM
「想い出あずかります」 NHK-FM
「仔犬のワルツ」 日本テレビ

月別アーカイブ